HAKU資生堂成分

資生堂HAKUと資生堂美白化粧品エリクシールホワイトの違い

資生堂HAKUと資生堂美白化粧品エリクシールホワイトの違い

HAKU

2015年から口コミサイトで注目を集めている資生堂「HAKU」。そしてもう一つ、2016年より新しく生まれ変わった「エリクシールホワイト」。 どちらも資生堂から発売されているシリーズになりますが、両者にはそれぞれ美肌をサポートする特徴があります。

スキンケア製品はどれでも同じではなく、目的や肌に対する効果によって違いがあります。本記事では、HAKUとエリクシールホワイトの違いについて成分や効果から比較をしていきたいと思います。 ・二つの製品の違いとは 資生堂の人気シリーズである美白スキンケア製品「HAKU」は、シミを予防することに特化して作られている薬用化粧品です。


肌の表面からじんわりと内部に浸透し、メラニンの生成を抑制しながら美白に、またすでにできてしまったメラニン色素の排出をサポートします。

肌のターンオーバーを促進する角質ケア成分が含まれているので、スムーズに肌の入れ替わりを行いながら、シミの抑制とあわせてダブルで美白を目指します。

メラニンのできやすい肌や、加齢によってシミができやすい状態になっているお肌は、簡単にはキレイになりません。しかしHAKUに含まれる成分には、シミをケアしながら肌の生まれ変わりを促進する成分が含まれているので、洗顔後にやわらかくなった肌をやわらかいままにキープ。白肌がくすまないように整えます。

日焼けをしても翌日にダメージが残らないように、肌レベルを最適な状態に整えてくれるのです。クリームに近いとろみのあるテクスチャーは保湿力にも優れ、美容成分が乾かず肌に残り、ダメージを最適化。アンチエイジングのケアにも力を発揮します。


それに対して、アンチエイジングの定番シリーズである「エリクシールホワイト」は、年齢とともに気になるお肌の「にごり」を解消するスキンケアシリーズです。

お肌のにごりはシミやソバカスはもちろん、硬い角質や肌のごわつきなども関わっています。エリクシールホワイトはそれらのにごりの原因にアプローチし、肌をしっとりと保ちながら新陳代謝をサポートします。

2つの製品を比較してみると

HAKU:シミの改善に重点を置いている エリクシールホワイト:顔全体の透明感アップに重点を置いている のがそれぞれの特徴になります。 効果の出方にはいくらか個人差があると思いますが、お顔の悩みの原因がシミなのか、シミより全体的なトーンダウンが気になるかによって製品を選び分けてみると良いかと思います。

・製品の共通点 2つの製品に共通する点としては、どちらもメラニンの生成を抑えるという点です。ただしHAKUの場合はシミに対するアプローチが強化されており、エリクシールホワイトはシミ以外の美白に重点を置いているという違いがあります。

どちらにも「4MSK」という美白有効成分が含まれていますが、エリクシールホワイトにはm-トラネキサム酸という美白有効成分が、HAKUの美容液にはその両方+「アンダーシールダー」という根深いシミに届く成分がプラスして含まれています。

徹底してシミへの対策がしたい方には、間違いなくHAKUがおすすめです。

・香りによって選ぶ
エリクシールホワイトには、ほんのりとフローラルの香りが付いています。肌に付けながら香りによる癒し効果も得られるので、入浴後や一日の終わりのケアに良いかもしれません。

反対にHAKUには香りが一切含まれていないので、良い香りのするスキンケア製品を求める方にはエリクシールホワイトがおすすめです。

・トライアルセットを使ってみよう
少なくとも1週間程度は使わなければ肌に合うかどうかは分かりません。価格だけでなく製品のテクスチャーや肌につけたときの使用感はまったく違うので、まずはサンプルを試してみて下さい。

お肌に合うかどうかは実際に使ってみなければわかりません。
皮脂量の多い方は、濃厚なテクスチャーのHAKUがベタついて合わない可能性がありますし、エリクシールホワイトにはさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類から選べることもあって、どちらが良いかはサンプルを使ってみてから決めると良いでしょう。
どちらにするか迷った時は、化粧水・乳液・美容液をそれぞれ選ぶかたちにしても良いと思います。シミに対する成分は共通しているので、あとは保湿力やテクスチャーなどから選んでも良いでしょう。

ただし肌タイプに合わないものを無理に使っても効果は得られませんので、肌になじむものを優先的に使いましょう。


資生堂のエリクシールホワイトはおすすめです。

エリクシールホワイト

エリクシールホワイト

資生堂の美白化粧品エリクシールホワイトがあります。

資生堂エリクシールホワイト、クリアな肌体感セットを試してみました。 トライアルセットですので、気に入るか気に入らないかお試ししたい方にお勧めです。裏面には説明書きがついて使い方も載っていてわかりやすいです。

資生堂は、日本国内シェア第1位の化粧品メーカーで、操業140年の老舗化粧品会社です。

世界中に愛用家がおり、芸能人から美容家などにも多くの愛用者が多く、美白ケア、エイジングケアにおいては国内No1の実績があります。おすすめできる化粧品です。。


エリクシールの美白化粧品は、肌本来の透明純度を引き出すとパッケージにもかかれているのではやく使ってみたいと思います。


トライアルセットを注文して試してみたいです。

資生堂エリクシールホワイトのトライアルセット

エリクシール

エリクシール

資生堂の「エリクシールホワイト」の4本のトライアルセットセットです。

クレンジングフォーム(洗顔フォーム)14g
クリアローションⅡ(化粧水)しっとりタイプ30ml
デーケアレボリューションⅡ(日中用美容乳液)しっとりタイプSPF50+・PA+++5ml
クリアエマルジョンⅡ(乳液)しっとりタイプ18ml


トライアルセットで、サイズ感も程よく10日間は試せるかなという感じです。


入っている商品は左から日焼け止め・洗顔フォーム化粧水・乳液となっています


4ステップケアで肌をしっかりまもっていくトライアルセットですね。日焼け止めも入っているのはお得です。

資生堂エリクシールホワイトクレンジングフォーム(洗顔フォーム)の使用感レポート

エリクシール日焼け止め

エリクシール日焼け止め

資生堂エリクシールホワイトの洗顔を試しました。

まずはすぐに 泡立ちを実感できることです。肌の隅々まで、汚れを包み込むようにとってくれる感じがします。つっぱる感じもありません


資生堂エリクシールホワイトクリアローションⅡの使用感レポート

エリクシール美容液

エリクシール美容液

資生堂エリクシールホワイト美容液を手に取ってしっかり試しました。

とろみがかったテクスチャーで潤いを感じます。コットンに丁寧に馴染ませ、
お肌全体になじませながらゆうくり浸透させていきますが、肌への浸透する感じは実感できます。

資生堂エリクシールホワイトクリアエマルジョンⅡの使用感レポート

エリクシール乳液

エリクシール乳液

資生堂エリクシールホワイトの乳液を試しました。

夜に使う美白乳液しっとりタイプ。 化粧水の後、手に少量とって肌全体に軽くもむように全体になじませていきます。伸びがよく肌になじみやすいです。肌がもっちり柔らかくなり、潤いました。朝起きても、まだ、乾燥しません。 香りは優しいフローラル系で癒されます。

資生堂のエリクシールホワイトデーケアレボリューションⅡの使用感レポート

エリクシール日焼け止め

エリクシール日焼け止め

資生堂エリクシールホワイトの日焼け止めをり試しました。

朝に日中用美容乳液として使います。紫外線対策として美白美容液、UVカット、化粧下地の役目を担ってくれます。 手で少量ををとり顔全体に馴染ませます。 さらっとした感じで肌全体にスムーズになじんでいきます。白浮きもありません。また、保湿の効果があらわれて化粧崩れがおきにくく、肌に安心感を与えてくれます。



decencia詳細





美白化粧品のおすすめとしてb.glenのトライアルキット

ビーグレン

最初はHAKUの失敗もあったので、あまり期待せずにb.glenのトライアルキットを試してみたんです。

シミへの効果も大事ですけど、まずは続けられるか2.3日試してみないとわかりませんよね。HAKUみたいに肌が炎症を起こしてしまうようならすぐに止めようと思って注文しました。


HAKUみたいにいかにも高級化粧品という感じはなくて、医薬品のような感じでした。
2,000円もしませんから、試すのにはありがたいですよね。


トライアルキットには、「透明肌対策の効果的な3ステップ」の商品と、保湿を高めるトリートメントマスクが2枚入っています。

b.glenを試す

抗炎症や保湿を高めてくれるという、「スキンローション」を手に取って臭いを嗅いでみると、やっぱり薬品のような匂いが。ひんやりとした付け心地で、ほてった肌を落ち着かせてくれるんです。

私は、HAKUで炎症起こしていたみたいで、このスキンローションでおさまりました。


もうこれだけでリピートする気になっていました。炎症を抑えるお薬、炎症予防と思って今も毎日使っています。




そして「Cセラム」。

活性化酸素を抑えたり消去してくれる美容液で、目の下にあるシミ以外は、このおかげでできなくなっている気がします。


オイルタイプの美容液だと思うんですが、
b.glenでも、かなり研究されて力の入った美容液なので、本当におすすめです。


くすんだ感じの印象だった肌が明るくなったのもこの効果だと思います。





最後に「ホワイトクリームex」。

ハイドロキノンという成分が、すでに出来てしまったシミを薄くしてくれる効果があります。皮膚科でも処方される成分ということなので、安心して使えました。香りなどの余計な成分が入ってないのも気に入りました。
目の下にあるシミをどうにかしたくて、HAKUやいろいろな美容化粧品を試したんですが、効果が見れたのはこれだけ。


私は2週間ほどで、
「あれ!?」
と気付くくらいの効果が見れました。これには本当に嬉しかったです。


シミ関係の美容化粧品は、誇大広告なんだと思い始めてましたから・・・。
今まで効果が出なかったシミの部分に何度も重ねづけしました。

b.glenの効果

b.glenを試してみて、「もっと早くに出会っていれば・・」と思ったのが正直な感想です。

今までは、有名な化粧品やボトルのデザインや広告などで決めていたような気がします。


今はネットで十分な情報収集ができますから、私のように失敗する方も少なくなっているかもしれませんね。


でも、本当に効果が出て、それが目に見えると、失敗しても何度もチャレンジしてきてよかったと思いました。私は少々遠回りしましたが、私のように悩んでる方がいらっしゃったら、迷わずb.glenを教えてあげたいと思っています。
1,890円で効果がわかるものって、正直少ないですよね・・。
1年くらい使わないと・・・って感じのものがほとんど。


人それぞれに合う美容化粧品があるのかもしれませんが、1ヶ月で効果が出ないものは諦めた方がいいかもしれませんね。


このb.glenのような医薬品のイメージのものって方向転換として、試してみる価値あると思います。